豊洲移転後の築地市場ってどうなってるの?【2019年現在と昔の比較】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

都内で最も古い歴史を持つ東京都中央卸売市場が2018年10月に幕を閉じ、豊洲市場がオープンしました。場内市場を失った築地は、今どうなっているのか・・・

現在の築地場外市場の様子を写真に収めてきました。移転前の写真とともに紹介します。

       

2015年の築地

まずは、移転前の2015年6月の築地場外市場の様子をどうぞ。

created by Rinker
¥3,850 (2019/10/23 09:01:56時点 Amazon調べ-詳細)

場内市場もまだ健在な頃です。

現在(2019年)の築地

築地場内市場がなくなっても、場外市場は相変わらずの活気でした。

場内市場は解体が着々と進んでいた。写真で崩壊している建物は、旧東京中央鳥卵の建物。

場内の中央部にあった「買荷保管所」はもうほとんど取り壊されていました。

移転から4か月経ったけど、意外とまだ残ってるんだなぁ。

これからの築地

結果、築地移転後も場外市場はそこまで大きな変化はないみたいです。でも汐留周辺から築地市場跡あたりの道路整備は、着々と進んでいます。

築地市場跡には、かつては「食のテーマパーク」を建設する案もあったようですが、今のところ2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、大規模な駐車場が建設されるという計画で進んでいるんだとか。

あと一年半しかないけど・・・このペースで大丈夫なんだろうか。

ちなみに築地場外市場については、場外市場のホームページ

築地場外市場は健在です。

と、力強く書かれています。

歴史ある場外市場、これからも末永く続いてくれることを願いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

特集

▲【最新作・おすすめ】超チャレンジングなオーストラリア12日旅

『HASH TRIP』マップ

このサイトで紹介した記事が地図上でご覧いただけます