【3日目・風の谷ウォーク】平成最後の登るウルル!豪州3000km縦断たび

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

予定通りウルルにたどり着くことができた僕ら。
この日はウルルともう一つの世界遺産、カタ・ジュタのあまりにも壮観すぎる景色に魅了された1日になりました。

3日目を終えて

カタ・ジュタやばない?
てか、さっきすれ違った金髪の二人組めっちゃ可愛かった

めっちゃわかる。
それもめっちゃわかる。

3日目の主なルート
アウトバック・パイオニア・ホテル
 ↓車
ウルル登山口
 ↓車
カタ・ジュタ
 (ワルパ・ゴージ・ウォーク)
 (風の谷ウォーク)
 ↓車
アウトバック・パイオニア・ホテル

朝からウルル登山に挑む

この日は5時に起きてウルルのサンライズを見て、そのまま登山に赴くつもりでしたが、起きたら7時半。見事に日が昇ってました。
しょうがないので日の出は諦めて、登山にチャレンジです。

午前8時半に登山口の駐車場まで来ると、登山道には人影が!今日はどうやら登れるみたいです!

・・・と思ったら、入り口には「No Entry」の文字が。入山禁止?こんなに晴れてるし、登ってる人もいるのにどうして!?
レンジャーの話によると、どうやら午前8時まで入り口が開いていて、8時に「山頂の風速が強い」という理由で入山禁止になってしまったんだそうな。

くぅー!あと30分早く起きていれば!!

もう一つの世界遺産、カタ・ジュタへ

状況は2時間ごとに更新するとのことだったので、10時に更新されるのを見るため、クニヤウォークをしてムティジュルの泉(ガイドブックには半永久的に枯れないって書いてあったけど枯れてた)を見たり、ウルルの周りを車で一周したりして時間を潰しました。

しかし願い虚しく、10時の更新でも「No Entry」のままだったので、諦めて別のスポットに向かいます。

ビュースポットからの全体像が圧巻

世界的に有名なのはウルル(エアーズロック)ですが、世界遺産に登録されているのは「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」なので、実はカタ・ジュタ(マウント・オルガ)とセットで主役なんです。
ウルルは1枚の巨岩であるのに対し、カタ・ジュタは36個の大きな岩の集まり。とはいえ全部集まるとエアーズロック以上に大きいし迫力もあります。

カタ・ジュタは大きさもそうですが、大小様々な巨岩が点在しているので、近くに行ってしまうと全体像が見えません。
まずはビュースポットから全体像を眺めるのがおすすめです。

ハエの数がやばい

ウルルやカタ・ジュタ、リゾート内をはじめ砂漠地帯の日中は、恐ろしいほどの数のハエに囲まれます。
車を降りるとどこからともなく現れ、一瞬で50匹くらい体にくっついています。顔面にもアタックしてくるので本当に不愉快でストレスです。

対策としてみんな帽子とハエよけネットを使って防御しています。虫よけスプレーは全く効果を感じませんが、ハエよけネットがあるとないとでは全然違います。
ネットがあれば特に害はないのでそのうち慣れますが、虫が絶対的に無理な人は、ウルル周辺の観光は諦めましょう。

ワルパ・ゴージ・ウォーク

カタ・ジュタには風の谷ウォークのためにやってきましたが、そのまえに、運転してたら目に入ったワルパ・ゴージ・ウォークというものにも挑戦してみることにしました。

巨大な岩の間にできた道を、奥の方まで進んでいくウォーキングコースです。ウォーキングと言っても岩の上なので坂も多く、非常に疲れます。

巨大な岩には無数の穴が空いていて、まるで荒廃した巨大都市のようで、世界観はディストピアのその先の世界みたいです。未来少年コナンとかに出てきそうじゃないですか。

日の当たる場所はとても暑いですが、岩の間の日陰は風が吹くこともあって肌寒いです。

風の谷ウォーク

ワルパ・ゴージ・ウォークですでに疲労の色が見える中、カタ・ジュタのメインとなるウォーキングコース、風の谷ウォークに向かいます。

一周すると約2時間のコースで、急な斜面や長い岩の階段を登らなければならないのでなかなか大変です。

そして相変わらずハエの量が尋常ではないので、普通に歩くよりも体力を持ってかれてる感があります。

風の谷ウォークは途中まで1本道で、チェックポイントから二手にわかれます、ここからはウォーキングコースが輪っかになっていて、一周回れるようになっています。

僕らは、一番景色のいい岩の間のスポットまで行って折り返してくることにしました。一周回ると7.4kmもありますが、折り返すことで往復6。2kmにできます。あんまり変わんないけど。

キターーーーー!!!!

このときばかりは、「なんだこれ」、「やばい」、「これはすごい」の自動音声を発するだけのおもちゃみたいに、ただただ呆気にとられて声を発せずにいました。

登山と言っても差し支えないくらいの厳しい道のりでしたが、この絵画のような景色、来た甲斐がありました。

ロッヂの次はホテルでちょっとリッチ気分

GW連休初日のエアーズロックリゾートということで、さすがに日本人が目立ってきました。

ウルル周辺はリゾートの他に宿泊できるような街が全く無いので、ウルルに来たら必然的に利用することになります。値段はピンからキリまであり、昨日泊まった「アウトバック・パイオニア・ロッヂ」はドミトリーでかなり安いですが本当に必要最低限のサービスで、今日泊まる「アウトバック・パイオニア・ホテル」はロッヂの5倍くらいの値段はするものの、格段にサービスの質が違います。

バーには行かず、また料理

ホテルにしたとはいえ、朝晩の食事が提供されるわけではありません。
優雅にレストランで豪遊することもできないので、今日もキッチンで余った食材を調理します。

何回もキッチンに来たくないので、明日の昼ごはんも作ることにしました。

作りすぎた(笑)

そのへんのカップラーメン食べてる日本人にあげる?という非常に厚かましい考えも浮かびましたが、やめました。明日の昼に食べる分に残しましょう。

この日もまた星空の下で光の絵を書いて遊びました。何回やっても飽きないな、こりゃ。
明日は早起きしてサンライズをリベンジします。

4日目につづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『HASH TRIP』マップ

このサイトで紹介した記事が地図上でご覧いただけます