【異様】コロナショックで閑散としてしまった日本の観光地の現在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新型コロナウィルス(COVID-19)による国内観光業の打撃は非常に大きく、各地の観光地や宿泊施設は阿鼻叫喚です。

飛行機は国際線・国内線ともに空席や減便が目立ち、新幹線も自由席ですらほとんど人が居ないという状況。各地の異常に空いている観光地の状況をTwitterの画像つきのつぶやきを引用してまとめました。

       

コロナの影響で冷え切ってしまった日本の観光地。
「積極的に旅行して盛り上げよう!」とも言えず、非常にもどかしい。。

もちろん日本だけではなく世界の観光地も異様な状態。一体いつまで続くんでしょうか。

東北

北海道・札幌

宮城・仙台

秋田

関東

東京都内

浅草・雷門

東京駅

銀座の歩行者天国

歌舞伎町一番街

千葉・東京ディズニーリゾート(休業)

埼玉・川越

神奈川・横浜

神奈川・江ノ島

栃木・日光東照宮

中部

石川・金沢

山梨・忍野八海

静岡・熱海

長野・善光寺

近畿

京都・京都市内

清水寺

鈴虫寺、伏見稲荷、下鴨神社

大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(休業)

大阪・道頓堀

三重・伊勢神宮

中国・四国

岡山・倉敷

広島・厳島神社

愛媛・道後温泉

九州

福岡・博多

大分・由布院

長崎・ハウステンボス(休業)

沖縄・国際通り

一方、逆に混んだところも

東京・渋谷

渋谷は臨時休校になった中高生で平日の賑わいが増したそうな。

全国・ドラッグストア

また、ドラッグストアは一連の紙製品不足のデマやマスク不足の影響で開店前から行列ができたりしています。日用品不足が問題になって2週間近く経ちましたが、改善の兆しは見えません。

全国・大型商業施設

公共交通機関は乗りたくないけど、買い物したいし、子どもたちの気分転換も兼ねて。というファミリー層の需要が高く、大型商業施設はそれほど空かなかった模様。

 新型コロナウイルスの感染拡大で週末の外出を控える傾向が強まっている。茨城県内各地で人気の観光地や施設の訪問者が減少。鉄道やバスの利用者が減ったあおりか、普段なら平日の倍以上の人出があるJR水戸駅の駅ビルも、半分程度の訪問者数に落ち込んだ。一方、大...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

特集

『HASH TRIP』マップ

このサイトで紹介した記事が地図上でご覧いただけます