【若狭湾のたび/3日目・滋賀編】琵琶湖沿いドライブとラコリーナと彦根城と【2泊3日ドライブ旅】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

福井と京都の海沿いを2日かけて走り、大津に来た僕たちでしたが、この日は山梨に帰ることしかスケジュールに組んでいませんでした。
せっかくなので昨日の夜に居酒屋「おで湖」で店員さんに教えてもらったオススメスポットに行ってみることにしました。

       

どうも。滋賀県の中で琵琶湖が占める面積が半分くらいだと思っていた、はしのです。実際は1/6くらいです。それにしても県の1/6が湖ってスゴイな!

8:00 粋世で朝食

2日目の宿は朝食付きプランだったので、朝は1階の共用スペースに行って朝ごはんをいただきました。
ごはんと味噌汁に、鮭と卵焼きとサラダ、そして小鉢。これこれ。朝ごはんと言ったらこれです。ホカホカのごはんと脂の乗った鮭が長距離運転して疲れた体に染みました。

そういえばこの粋世という宿、国の登録有形文化財に指定されています。こんなにトラディショナルで清潔でコスパのいい宿、海外のバックパッカーさんにはたまらないんだろうなぁ。

9:30 粋世を出発。このまま住み着きたかった…

しかしゆっくり休んでもいられず、身支度をして出発します。
粋世は田舎のおばあちゃんちのような安心感のある宿でした。快適すぎてこのままここで暮らしたかった。

11:00 滋賀の定番洋菓子「クラブハリエ」のメインショップ「ラ コリーナ近江八幡」

1日目・2日目は不安定な天気でしたが(僕らの旅は毎回そう)、3日目は気持ちよく晴れました。
マルーン5を流しながら軽快に琵琶湖沿いの道路を走り、大津から近江八幡へ向かいました。向かったのは「ラ コリーナ近江八幡」。

ここは菓子メーカー「たねやグループ」のフラグシップ店で、クラブハリエのバームクーヘンや、たねやの和菓子などの人気商品が食べたり買ったりできます。2015年にオープンしたばかりの広大な土地には、本社・売店・農園が立ち並んでいます。

周囲の水郷や緑を活かした美しい原風景の中での、人と自然がふれあう空間づくり。和・洋菓子を総合した店舗および飲食施設や各専門ショップ、農園、本社施設、従業員対象の保育施設などを設けるたねやグループの新たな拠点です。

バームクーヘンは長蛇の列

いちばん人気はやはりクラブハリエのバームクーヘンです。

メインショップのバームクーヘンを買う人の列は、土日や長期休暇の日だと待ち時間が30分〜1時間になるのは当たり前だそうで、中にあるカフェも長蛇の列でした。

バームクーヘン、気にはなるけど、こんなに待てねぇ〜!!

アートすぎてもはや美術館

このラコリーナ近江八幡、居酒屋「おで湖」の店員さんに教えてもらった情報では「とりあえずインスタ映える」とのことでしたが、確かにどこもかしこもおしゃれすぎる。

インスタ映えももちろんのこと、子ども専用サイズの扉があったり、花畑があったりと、普通にテーマパークとして2〜3時間は軽く潰せるクオリティーです。

(出典:ラ コリーナ近江八幡とは?|ラ コリーナ近江八幡 | たねや

ギフトショップではロンドンバスの中でマカロンが売っていたり、バームパイやオレンジケーキなどのお土産が売っています。ここでもバームクーヘンが売っていますが、メインショップよりも並ばずに買えます。

まだまだ新店舗の増築予定があったりと、これからも注目が集まりそうなラコリーナ近江八幡。滋賀の新たな観光地として定番になりそうです。

「ラ コリーナ近江八幡」は新型コロナウィルスの影響で臨時休業日が設定されています。詳細は公式ホームページをごらんください。

13:00 彦根城城下町を散歩

近江八幡では近江牛の極上リブロースを食べ…

たかったんですが、時間的なこともありご飯は食べずにラコリーナ近江八幡から彦根まで車を走らせます。途中、安土城跡を通り過ぎ、織田信長の残り香を感じながら、井伊直継の待つ彦根城に向かいました。

彦根城は入場するのに800円でしたが、正直そこまで天守閣に興味がなかったので(すみません)、城下町を散歩することにしました。

彦根城の城下町は綺麗に整備されていて、お土産屋や食事処がいくつも並んでいます。やっぱり近江牛は食べてみたかったので近江牛のプレミアムコロッケとメンチカツを食べました。んまい!

それからは車で山梨までまっすぐ帰りました。天気がいいと高速道路を走ってるだけで気持ちいいですね。

【たびの振り返り】

ということで、2泊3日の若狭湾のたびに行ってきました。
福井?滋賀?何しに行くの?と色んな人に言われましたが、なんだかんだで見どころはあって楽しい旅でした。

使ったお金

さて、旅の振り返り記事では恒例の使ったお金を大公開するコーナーです。今回の旅で使ったお金の総額はこちら!

宿泊費
 1日目・小浜町家ステイ¥17,820
 2日目・粋世¥17,001
交通費
 ガソリン¥7,000
 有料道路料金¥11,160
食費
 カニ+ウニ¥5,000
 おで湖¥7,000
 その他もろもろ¥7,500
合計(2人)¥72,481

交通費や食費を全部含めて、一人あたり36,000円ほどの2泊3日の旅になりました。
仮に鉄道で行ったとして、新幹線や特急指定席を含めると一人往復4万円くらいかかってしまうので、やはり自家用車での旅行はコスパ最強です。
もうちょっと節約しようと思えばできたのは間違いないけど、旅先ではやはり体験重視なので、宿にしろ入場料にしろ、少し追加になってもその分の思い出はかけがえがなかったりしますからね。

「せっかくの旅なんだから贅沢しよう」と言えるほどの財力はありませんがね!
ただ、今回はもうちょっと食事を贅沢にしても良かったかもなぁ(カニの一件をまだ忘れていない)、とか思ったり。

今回の旅で上がった制県レベル

この旅で、ぼくの制県レベルは112→119になりました。全国制覇はまだまだ遠い。。

この旅行の翌週くらいから、日本国内で新型コロナウィルスによる自粛ムードが本格化してきました。今後しばらく遠出はできなさそうです。
みなさんもどうかご自愛ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

特集

『HASH TRIP』マップ

このサイトで紹介した記事が地図上でご覧いただけます