【長野】冬季でも気軽に行ける、『絵画のような水色』の絶景ダム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

富山・長野にまたがり、186mという日本一の高さを誇る黒部ダム。
一度は訪れてみたい場所ではあるものの、山奥がゆえ、実は行ける期間は1年の半分ちょっとしかない。

黒部ダム

平成30年度 観光期間
4月15日~11月30日

平成30年度 観光放水期間
6月26日~10月15日

       

観光期間というのは、文字通り観光が可能な期間ということ。この期間以外は見学はおろか、自分の車やバスで近くまで行ってみるなんてこともできない。(自分で雪山を歩いて登れば行けないこともないが)

そして観光放水期間というのはダムの放水をする期間だ。
この期間以外に行っても、いかにもダム!という景観の、豪快に放水されている様子を見ることが出来ない。

黒部ダムの観光情報、アクセス情報を掲載。迫力の観光放水や大破砕帯、北アルプスを眺めながらのアルペンクルーズなど黒部ダムのみどころをご案内します。

僕も冬の明け・3月はじめ頃、どこまで行けるか試したことがある。
結論からいうと、半分もいけない。ただ、おサルの親子が何組も歩いているくらい人里離れたところまでならいけた。

安全のため…冬はダムなんて見られないのか…

そんなとき、あきらめがつかずに近くのダムに行き先を変更してみたところ、特に閉鎖もされていない絶景ダムに到着したのだ!

大町ダム

長野方面から黒部ダムへ向かう場合、大町市街から県道45号線をまっすぐ進めば着くが、途中で県道326号線に入ると、ほどなく大町ダムが見えてくる。

山道を登って、ダムの上から見えた景色がこちら。

す、すっげぇ~~~~

この写真、過度な加工はしていない。見たままの景色がこんな感じだった。
冬の透き通った雪解け水が溜まったダム、黒部ダムと比べたら小規模ではあるものの、すごい迫力だ!!

白銀の山も相まってフォトジェニックの極みである。
「スイスなう。」とつぶやきたいくらいだ。

ダム近くにも観光スポットが多数ある。
・大町エネルギー博物館
・大町ダムを望む吊り橋

さらに山道を登っていくと
・仙人岩(でっかい岩)
・キャンプ場
・温泉旅館

渓谷もあるので、夏は川釣り・川遊びができそう。

っていうか、川に下りたら温泉が沸いていた(笑)
温泉ってこんな感じで沸いてるもんなの!?

ともかく、この周辺だけで1日潰せる観光地っぷりであった。

白馬にスキーに来たついでに黒部ダムに行こうとしたけど、ゲートが閉まっていた!!なんて状況のあなた。諦める前に最寄りのダムに行ってみませんか。

名所情報

名称  大町ダム
HP http://www.hrr.mlit.go.jp/tiiki/manaviva/guide/nagano/oomachidam.html
住所 長野県大町市平
見学時間 ダム情報館:08:30~17:30(無休)
ダム内部:09:00~11:30/13:00~16:00(平日のみ)
    ※10人以上の場合は要予約
龍神湖散策コース:見学自由
    ※冬期(12~4月)閉鎖
備考 無料駐車場・トイレあり
マップ

(2018年05月09日現在)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

特集

▲【最新作・おすすめ】超チャレンジングなオーストラリア12日旅

『HASH TRIP』マップ

このサイトで紹介した記事が地図上でご覧いただけます