【北海道】美瑛の絶景穴場映えスポット6選はここで決まりー!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

北海道ならではの壮大な大自然が感じられる土地、美瑛(びえい)。

起伏に富んだ丘が続く平野では、四季折々で多種多様な花が咲き、天候や時刻によってさまざまな姿を見せます。その中でも僕が行ってよかったと思ったスポットを6つご紹介します。

       

どうも、自然大好きはしのです。北海道の自然、果てしない!あぁ〜♪果てしない〜♪(それは大都会)

北海道2泊3日のまとめはこちら!

【2泊3日北海道たび】夏の富良野・美瑛・札幌・小樽を車で巡る食いだおれプラン

美瑛の厳選穴場スポット6選

今回は北海道・美瑛の特集ですが、「四季彩の丘」、「パッチワークの路」、「ケンとメリーの木」などの有名どころではなく、穴場でありながら絶対に行くべき場所を6つ厳選してお送りします!!

①Café BIEI ~good day~

もうね、こんなに「映え」なカフェはないんじゃないんですかね。

広い空と緑の大地、赤い家と黄色い車。絵本に出てきそうな風景に囲まれたこのカフェは、2018年5月にオープンした新しいお店です。
北西の丘展望公園の真裏に位置しますが、展望公園からは見えにくいので、知っている人は見つけられる穴場です。

美味しいランチプレートもかなり写真映えします。温かい雰囲気の店内で、北海道の食材を使ったあたたかい料理をいただけます。

②青い池/白ひげの滝

言うまでもない場所だと思いますが、AppleのiOS用の壁紙にもなった池「青い池」。とにかく透明度が高く、いろいろな条件が重なってコバルトブルーに見える池です。

かなり知名度が上がったため、最近になって広い駐車場も道路標識もでき、今や青い池は穴場ではなくなってしまいました。日中は人が多くて落ち着いて見られないというアドバイスをいただいたので、僕は午前6時ごろ行きました。
人が少ないだけでなく、風がなく、光の具合などいろいろとコンディションが良い可能性が高いので、青い池は午前中がおススメです。

また、青い池とセットで、白ひげの滝(しらひげのたき)にも訪れていただきたいです。

青い池より3キロほど先にある白銀温泉街に流れる川です。

おじいさんの白いひげのような滝と、コバルトブルーの川が印象的。
けっこうな高さのある橋の上から見る「白ひげの滝」と青い川はまさに絶景です。なかなか見ごたえがあります。

③美馬牛駅

圧倒的穴場。笑
いかにも北海道の駅って感じの無人駅です。北の国からの撮影にも使われました。赤い屋根の駅舎がいい味出してて印象的ですね。

特にこれといった見どころがあるわけではないですが、無人の駅舎や殺風景なホームは「鉄道員(ぽっぽや)」を思わせます。
ホームでボーっとしていると、普段都会の鉄道しか乗っていないので、色々と考えさせられました。こういうところ、ポートレート撮影とかに使ってみたいな。

④美瑛ファーム(美瑛放牧酪農場)

地元の方や長期滞在中の旅人の方から、「北海道で一番うまいソフトクリーム」と太鼓判を押されるほどの農場。評判通り、ここはかなりおススメできますが、なかなか行きづらい場所にあるので、車で行く場合は注意です。

だだっ広い草原とたくさんの牛さんがいるので、のんびり牧場風景を眺めたいときにも訪れたい場所です。

建物は工場と売店が一緒になっていて、売店ではソフトクリーム(360円~)、低温殺菌牛乳(280円~)、ヨーグルト(250円~)や、ラスクなども販売しています。
ソフトクリームはさっぱりとした味わいで、雑味がなく超新鮮な牛乳!という感じが口ではじける絶品ものです。ソフトを乗っけている自家製コーンがめちゃくちゃウマいので、ぜひカップではなくコーンで食べてください。下の先っぽが溶けやすいので食べるときは要注意です。

2020年春ごろ、チーズ工房もできるそうです。これはかなり期待大ですね!

⑤ジェットコースターの路

波のようにうねった地形に現れる、1本のひたすらまっすぐな道。
車でジェットコースターのように登ったり降りたりする感覚を味わえるのが「ジェットコースターの路」です。まっすぐ先を眺めていると不思議な感じがしてきます。

道路上での写真撮影は危険です。十分に注意してください。

⑥星の庵

僕が泊まった宿、「星の庵」さん。
ロケーションは北欧のロマンチックな映画に出てきそうな抜群に見晴らしの良い場所で、庭にある木とベンチもいい味出してます。

星の庵というだけあって、夏でも天の川が見えるほど星がきれいです。夕陽や朝焼けも、障害物になるものが全くないので、天気が良ければ確実に見えるでしょう。

オシャレなのは外観だけではなく、食事もあたたかい雰囲気が抜群です。
スタッフの皆さんが作ってくれた料理を、宿泊者とスタッフみんなで談話しながら食べました。目もお腹も心も満たされる、最高なお宿でした。

さいごに

ちなみに、今回ランクインしなかった「ファーム富田」、「四季彩の丘」ですが、『今(8月中頃)はラベンダーも刈り取られてるし、広大でとにかく見るのに時間がかかるから別に行かなくていいと思うよ』と長期滞在中の方にアドバイスを頂いたので、僕は行きませんでした!

富良野・美瑛は見どころ満載だし、どこも再び行きたいと思える場所ばかりでした。街の喧騒や日常の悩みを忘れるにはもってこいな旅先かもしれないですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

特集

▲【最新作・おすすめ】超チャレンジングなオーストラリア12日旅

『HASH TRIP』マップ

このサイトで紹介した記事が地図上でご覧いただけます