【Superdry®】極度乾燥(しなさい)がついに日本上陸…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本に絶対に進出しない偽日本ブランドとして名高い「Superdry® 極度乾燥(しなさい)」の店舗を、ついに日本で発見しました。

果たして、日本あったSuperdryの正体とは…!?

       

どうも、はしのです。毎日めちゃくちゃ暑いですね~!体壊さないようにお気をつけください(汗

世界各国の、少なくとも僕が行ったことがある国の繁華街には100発100中存在した「Superdry® 極度乾燥(しましょう)」という謎の日本語の入ったブランド。僕の海外旅行の記事でも幾度となく登場しています。

台湾は信号が多くて、車も多くて、原付は多いという表現では足りないくらい多い。だから道路はゴッチャゴチャ。道が混みすぎて、大きな交差点では信号があるのに警察官が交通整理をしていた。なのに信号無視を平気でしちゃうような無法地帯。この辺はいかにもアジア...

Superdry 極度乾燥(しなさい)とは

ゴテゴテのヘンテコ日本語タイポグラフィが入った奇抜な(ただし意外とイケてる)デザインと、なかなかしっかりした素材、そしてそこそこ高価な価格設定。という特徴のファッションブランド「Superdry® 極度乾燥(しなさい)」。

日本語のヘンテコっぷりは日本人なら誰もが失笑するほどで、「TOKYOな」、「狩り捕食者」、「優れた未加工」など、今ではネット翻訳ですらもう少しまともになるだろ、というくらいヒドいセンスの日本語がプリントされています。

世界中のどこの都市でもかなり生意気な立地に店舗を構え、付近には必ずと言っていいほどUNIQLOがあります。対抗心があるのかもしれないですが、おそらく高価な出店料が払えるくらい儲かっていることを主張したいのかも。

海外に行くたびに探さなくても見つかるので、旅行するたびにコレを探すのが一種のコレクション的楽しみになりつつあります。

台湾のSuperdry

台北のユニクロ旗艦店の隣にありました。

香港のSuperdry

香港・九龍の市街地のど真ん中にどでかい看板だしてました。

シドニーのSuperdry

シドニーの中心も中心、ピットストリートモールのユニクロの近くにありました。

絶対に日本に上陸しないと思われたSuperdry

メイドインジャパンを語りながらも、日本人の知名度は皆無で、当然日本にも支社はないSuperdry。調べてみると、イギリスで1985年に設立した意外と歴史あるブランドだそうで(アジアでないことに驚き)、デイビッド・ベッカムが着用したことで知れ渡りました。イギリス国内ではトップレベルの上場企業というのも衝撃です。

日本に出店しないどころか、日本国内のIPアドレスからは公式サイトにアクセスできない始末。日本人に干渉されたくない理由でもあるんでしょうか?

ま、それもそのはず。
日本のSuper Dry(スーパードライ)の商標はアサヒビールが持っているからだったのでした。

あれっ…日本についに上陸!?

日本で日の目を見ることはないと思われていた矢先(勝手に思っていただけだけど)、なんと東京駅八重洲口付近で、見覚えある看板を発見しました。

あれ…?極度乾燥(しましょう)になってる!?

なんかちょっと本家とは違うっぽいけど、SuperDryの商品が売ってる!!なんだここ!

結論:Superdry専門のセレクトショップだった

この店、以前は某マツキヨのロゴをパクってたらしく、おそらく何か問題があって看板を付け替えたんでしょうが、今度は本家Superdryとアサヒビールのスーパードライから責められそうで心配で仕方ないです。

しかし、Superdryが日本で手に入る超貴重な店舗です。東京駅の真ん前のどリッチな立地に出店しているところも本家に似ていて好感が持てますね。

またさらに看板が変わる前に行きたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

特集

▲【最新作・おすすめ】超チャレンジングなオーストラリア12日旅

『HASH TRIP』マップ

このサイトで紹介した記事が地図上でご覧いただけます